オキシクリーンでキッチンシンク掃除。オキシ漬けのやり方や栓や蓋の締め方は?

シンクのくすみや汚れも、オキシクリーンで漬け置きしておくだけで、ピカピカになります。モコモコ泡のオキシクリーンを使えば、楽しくお掃除出来ます。

  • 時間:20分
  • 頻度:月1
  • 道具:オキシクリーン/ポリ袋/ゴム袋
  • お湯:約20L
  • 【オキシクリーンの量】約120g
  • アメリカ製:1杯
  • 日本製:4杯
※漬け置き時間は含まれません。

オキシ漬けのやり方

  • 1
    排水溝の蓋(栓)のやり方

    蓋(栓)にポリ袋をかぶせ結びます。(シンクに水を溜める準備)
  • 2
    水の溜め方

    ポリ袋を被せた蓋を設置し水を流します。水が少し溜まってきたら指(爪)で袋に穴をあけ、水が溜まれば準備OKです。(コツ1
  • 3
    オキシクリーン・お湯を入れる

    アメリカ製スプーン1杯分のオキシクリーン、40度~60度のお湯を入れます。(コツ2)(コツ3
  • 4
    オキシ漬けする

    勢いがいいシャワーだと、混ざりも泡立ちも良いです。洗い物かごなどを一緒に入れ、2~6時間ほど漬け置きます。(コツ4
  • 5
    水で洗い流す

    終わったら水で綺麗に洗い流し、仕上げにキッチンペーパー等で拭き取ると、シンクがピカピカになります。

オキシ漬けのコツ

コツ1:蓋・栓ポリ袋を二重にする

1枚のポリ袋でも水を溜めることはできますが、水漏れしそうな場合はポリ袋を二重にするとよいです。1枚目だけ指で穴をあけると水を溜められます。

コツ2:オキシクリーンとお湯の分量

写真のシンクだと大体20Lの水量なので、オキシクリーンは約120g(アメリカスプーン1杯分)いれています。
お湯4Lに対して、オキシクリーン約30gの計算です。(30gをスプーンで表すと下記↓)
  • アメリカ製スプーン:ライン2
  • 日本版スプーン:1杯

写真のシンクは、一軒家のシステムキッチンのシンクより少し小さめのサイズです。お手持ちのシンクの大きさに合わせて調整下さい。
量は大体でOKです。

コツ3:60度がおススメ

おススメの温度は60度で、泡立ちが一番良かったです。※かなり高温なのでご注意ください。

コツ4:ゴム手袋をし、混ぜる棒などで混ぜる。

手荒れする可能性があるため、必ずゴム手袋を使用ください。
また、オキシクリーンはよく混ぜ溶けることで効果を発揮します。シャワーだけで溶けない場合は、混ぜる棒などでよく混ぜ溶かしてください。

オキシ漬けする時の注意点

汚れたもの、洗いものかご等を一緒にオキシ漬けすると便利ですが、注意点もあります。

フライパン


テフロン加工フライパンで、加工が剥がれるためオキシ漬けはお控えください。

換気扇も変色する場合がある

アルミ製の換気扇は、オキシ漬けしてしまうと金属焼け(アルカリ焼け)する可能性があります。
(取扱い説明書にも中性洗剤のみと書かれている場合が多いです)お掃除する際はご注意下さい。

ステンレス・その他金属製品の注意点

オキシクリーンは金属製品に使用すると、変色(アルカリ焼け)する可能性があります。
一般的にステンレスは変色に強い素材ですが、状態や溶液に溶けている時間によって変色する可能性があるので、心配な方はお控えください。

どこで売ってる?値段や通販


コストコが有名ですが、通販ではamazon・楽天等でも販売されています。

コストコでアメリカ製4.98kgを購入するのが一番安いですが、年会費4400円/年がかかるのと、コストコまで行けない方は通販もおススメです。

一度試すなら少量の日本製のボトルタイプ

ボトルタイプ(500g)
  • Amazon:約500円/100gあたり約100円+送料
界面活性剤不使用なので、肌や環境に優しいです。アメリカ製のようなモコモコ泡はないので注意。 日本オリジナル版(中国生産)の500gなので、試してみたい方におススメ

肌・環境に優しいなら:日本製のバケツタイプ

バケツタイプ日本版(中国製)(1500g)
  • 楽天:約1100円+送料/ 100gあたり約73円(送料別)
界面活性剤なしで肌環境に優しいです。モコモコ泡はないので注意。こちらの日本版は口に直接触れる食器など。アメリカ製は大容量でよく使うので、洗濯機やお風呂掃除。と使い分けています。

価格・コスパ重視なら:アメリカ製 (4.98kg)

アメリカ製(4.98kg)
  • Amazon:約2998円(送料込)/100gあたり約59円
  • 界面活性剤含む
  • モコモコ泡ありで、掃除した!という気分に
  • 一度買えばかなり長持ち
  • 家中で使いたい人におススメ
モコモコ泡が発生するのはアメリカ製だけなので、ご注意ください。肌や環境に優しいのは界面活性剤不使用の日本オリジナル版です。どちらも試しましたが洗浄力に違いはそれほど感じませんでした。どちらもおススメです。


オキシクリーンを使った他のお掃除

①オキシクリーンとは?

②キッチン編

③お風呂編

④洗面所・洗濯機編

⑤部屋編

⑥トイレ編

⑦玄関・ベランダ編