オキシクリーンで洗濯槽掃除。やり方・分量を画像付きで詳しく紹介

洗濯槽の裏側は見えないですが、カビがびっしり。 オキシ漬けすると、驚きのカビの量です・・・ 洗濯槽が汚れていると普段の洗濯物にも、雑菌やカビがついてしまう可能性が。 オキシクリーンを使った洗濯槽掃除のやり方を詳しく解説します。

  • 時間:45分
  • 頻度:月1
  • 道具:オキシクリーン/ゴム手袋/ゴミとりネット/バケツ
※漬け置き時間は含まれません。

※オキシクリーン(酸素系漂白剤)の使用がNGの洗濯機もあります。お使いの説明書を読みご確認の上、お試しください。

洗濯槽掃除のオキシクリーンの分量・種類は?

オキシクリーンには日本版アメリカ製があり、スプーンの大きさや分量が全然違うのでご注意ください。


洗濯槽68Lの場合は・・・



  • 日本版ボトルタイプ: キャップ17杯
  • 日本版バケツタイプ: スプーン17杯
  • アメリカ製: ライン4×4杯

を目安にします。※参考

洗濯機のサイズが違う方は、

1㎏(水10ℓ)→ オキシクリーン約100g



分量は目安なので、だいたいでOKです。

では、早速やり方を見ていきたいと思います。

オキシクリーンで洗濯槽掃除のやり方

  • 洗濯機のフィルター掃除

    1
    ゴミ取りネットを外す

    ゴミ取りネットを外し、ネットのほこりをとっておきます。
  • オキシクリーンで洗濯槽の掃除

    2
    洗濯槽にお湯を入れる

    40度~60度のお湯をバケツや専用ホースで高水位まで入れます。※電源をオンにする(コツ1)(コツ2)(コツ3
  • オキシクリーンの分量

    3
    オキシクリーンを入れる

    オキシクリーンを洗濯槽にいれます。(洗濯機は5キロサイズです)(コツ4
  • 4
    ホコリ取りを洗う

    残り湯とオキシクリーンを洗面器などに入れ良く混ぜ、ホコリ取りなどをオキシ漬けしても良いです。
  • フィルタ―やホコリとりのオキシ漬け

    5
    洗濯槽を回す

    電源をONにして「洗い」モードで3分間、洗濯槽を回します。
  • 洗濯槽のオキシ漬け

    6
    オキシ漬けする

    きれいに泡立ちます。このまま3時間~6時間置きます。
  • 洗濯機のオキシ漬け

    7
    カビをすくいとる

    再度、3分間「洗い」モードで洗濯槽を回し開けると、水の色が変わり汚れが浮いてきます。ゴミとりネットで汚れをすくいとります。(あまりのカビの量で目に悪いため、画像は薄くしています)
  • 洗濯槽についたカビをとる

    8
    通常モードで洗濯槽を洗う

    汚れが取れたら、水を抜くために、通常モード(すすぎ→排水→脱水)で洗濯槽を洗います。(コツ5
  • 洗濯槽を洗う

    9
    洗濯槽についたカビをとる

    脱水が完了したら、フタを開け洗濯槽についたカビや汚れをティッシュでとります。特に溝・ほこり取り部分に汚れがついています。
  • アルコールスプレーで除菌

    10
    仕上げに拭き上げる

    仕上げに洗濯機のカバーや溝などにパストリーゼ(アルコールスプレー)を吹きかけ、さっと拭き上げれば除菌・防カビ効果に。洗濯機全体のお掃除が完了です。(あれば)

オキシクリーンで洗濯槽掃除のコツ・注意点

コツ1:洗濯機の電源をONにする

洗濯機によっては、電源をONにして、「洗い」ボタンを押さないと洗濯槽にお湯が溜まらない場合があります。電源を入れなくても溜められる場合は、そのまま溜めてください。

コツ2:残り湯がおススメ・温度は40度~60度・よく混ぜる

節約のため、お風呂の残り湯がおススメです。温度が低い場合は足し湯をして40~60度に熱してください。オキシクリーンは、お湯で溶かしよく混ぜることで効果を発揮します。

コツ3:入浴剤入りの残り湯は使用しない

入浴剤入りの残り湯を使用すると洗浄力が落ちるため、オキシ漬けするお湯は入浴剤なしでお試しください。

コツ4:ゴム手袋・混ぜる棒を使う

手荒れの可能性があるため、ゴム手袋を使用ください。混ぜる場合は棒などを使い、素手でかき混ぜないでください。

コツ5:汚れがひどい場合は再度「洗い」を

汚れが気になる場合は、「排水・洗い」を繰り返し、水の色がきれいになるまで2.3度続けると良いです。

オキシクリーンの買い方・通販

オキシクリーンはコストコが一番安いですが、近くにコストコがない、年会費を払うのはちょっと・・・という方は、Amazonや楽天もおススメです。

一度試してみるなら

商品名:オキシクリーン(界面活性剤なし500g)
界面活性剤不使用なので、肌や環境に優しいです。アメリカ製のようなモコモコ泡はないので注意。 500gと少量なので、試してみたい方におススメ

価格・コスパ重視なら

アメリカ製(4.98kg)
  • 界面活性剤含む
  • モコモコ泡ありで、掃除した!という気分に
  • 大容量・一度買えばかなり長持ち、コスパが一番いい
  • 家中で使いたい人におススメ

肌・環境に優しいなら

商品名:オキシクリーン(界面活性剤なし1500g)
界面活性剤なしで肌環境に優しいです。モコモコ泡はないので注意。こちらは口に直接触れる食器などに使ってます。
界面活性剤ありのタイプは、洗濯機やお風呂掃除用に使い分けています。

個人的には、送料も考えると一番コスパのいいAmazonのアメリカ製(4.98kg)がオススメです。私の場合、洗剤は結構重たいので店舗ではなくAmazonでリピート購入しています。

日本版(1500g)も、食器などをオキシ漬けするときに使っています。界面活性剤不使用ですが、洗浄力が劣るということはあまり感じなかったので、こちらもオススメです。

お風呂・トイレ(サニタリー)掃除の各種お掃除の一覧はこちら

オキシクリーンを使った他のお掃除の一覧はこちら

パストリーゼを使った各種お掃除の一覧はこちら

カビの各種お掃除の一覧はこちら