オキシクリーンでシーツのシミ汚れも真っ白に。使い方・感想をご紹介

汗ジミや汚れでいつのまにか汚れている衣類やシーツ。小まめに洗濯していても、オキシクリーンで洗ってみると見違えるほど真っ白に!やり方や感想を詳しくお伝えします。

シーツのオキシ漬けのやり方

  • 水を溜められる洗面シンクなどに、アメリカ版の付属スプーン1杯(約113g/4オンス)を入れます。(コツ1)(コツ2)(コツ3
  • 60度のお湯(シャワーになる場合はシャワー)をかけ一気に泡立てます。混ぜる棒などでよく混ぜ溶かします。(コツ4
  • シーツを入れ、30分ほど漬け置きします。汚れが気になる場合は手もみして、2時間ほど置くと良いです。(コツ5
  • 漬け置きが終わる頃には、水の色がかなり変わりました。水ですすいで良く絞り、通常の洗濯をします。
  • 結果はこちら。シーツや布団カバーは、色が明るくなり真っ白に。長年経った血痕の跡も綺麗に落ちたので驚きです。
  • 食べこぼしの汚れは、薄くはなりましたが完全にはとれませんでした。何度かやるとキレイになるかもしれないので、また試してみたいと思います。

シーツのオキシ漬けのコツ

コツ1:寝る前か早朝がおすすめ

オキシ漬けしている間は洗面台呂が使えないので、仕事に行く前の朝か、寝る前の夜に付け置きするのがおすすめです。

コツ2:ゴム手袋

手荒れする可能性があるので必ずゴム手袋を使用ください。

コツ3:日本版のスプーンの量

日本版スプーンの場合は4杯(28g × 4)、大さじの場合は約7.5杯(15g × 7.5)です。大体でOKです。

コツ4:温度は60度、2時間以上置く

オキシクリーンは40度~60度のお湯でよく溶かすことで効果を発揮します。60度が一番泡立ちも良くおススメです。(高温なのでご注意ください)頑固な汚れは2時間以上置くと綺麗に落ちます。

コツ5:血液は事前に水で良く洗う

血液はタンパク質を多く含み、お湯で洗うと凝固してしまいます。血液がついて間もなければ、水かぬるま湯でしっかり洗うと落ちます。それでも落ちなければ、事前に水で良く洗い、オキシクリーンで漂白すると良いです。

オキシ漬けで使った掃除道具

商品名:オキシクリーン(アメリカ版)
モコモコさせたいならこちら。手荒れが気になる・モコモコなしでOKな方は、日本版もおススメです。放っておくだけでキレイになるので、リピート購入しています。

オキシクリーンの他の掃除はこちら

もこもこ泡でシンクのオキシ漬け
インスタで大人気のシンクのオキシ漬け。洗い物かごや天板などを漬ければ簡単にピカピカに

ワイシャツの襟の汗ジミとり
何度お洗濯しても取れなかった汗ジミや黄ばみもオキシ漬けで真っ白に。

浴槽・洗面器も簡単ピカピカ。
残り湯にオキシクリーンを入れて泡立て、椅子や洗面も一緒に漬けておけば翌朝には綺麗に。