オキシクリーンで簡単漂白。ワイシャツの襟の黄ばみ・汗ジミも真っ白に

洗濯しても、なかなか落ちないワイシャツの汗ジミや黄ばみ。オキシクリーンを使えばちょっと漬け置きしておくだけで新品のような白さに。漬け置き時間も短く簡単なので、家事の合間にすぐにできます。ふきんや雑巾、色物もおなじやり方で出来るので是非お試しください。

  • 時間:30分
  • 頻度:つど
  • 道具:オキシクリーン/ゴム手袋/洗面器/混ぜる棒
  • お湯:約4L
  • 【オキシクリーンの量: (約30g)】
  • アメリカ製:ライン1
  • 日本製:1杯
※漬け置き時間は含まれません。

ワイシャツのオキシ漬けのやり方

  • 1
    洗面器にお湯とオキシクリーンを入れる

    洗面器に40度~60度のお湯(約4L)、アメリカ版付属スプーンライン1(約30g)を入れます。(コツ1)(コツ2
  • 2
    しっかり混ぜる

    混ぜる棒などでしっかり混ぜ溶かします。※素手では混ぜず、ゴム手袋を使用ください。
  • 3
    10分~30分漬け置きする

    ワイシャツを入れ、10分~30分漬け置きます。汚れが気になる部分はゴム手袋で手もみします。終わったら水でよくすすいで絞り通常の洗濯をします。(コツ3
  • 4
    Before/After

    結果はこちら。洗濯ではなかなか落ちなかった汗ジミや黄ばみがきれいに落ちました。アイロンかけすれば新品のような白さに。

ワイシャツのオキシ漬けのコツ

コツ1:40度~60度のお湯を使う

40度~60度のお湯で完全に溶かし、よく混ぜることで洗浄効果を発揮します。

コツ2:日本版スプーンの場合

日本版の場合はスプーン1杯・約28gです。

コツ3:汚れが気になる場合

30分漬け置きしても、汚れが気になる場合は1時間~2時間漬け置きすると、汚れが落ちやすくなります。

オキシクリーンの値段や通販


オキシクリーンは、コストコでアメリカ製4.98kgを購入するのが一番コスパがいいです。 しかし、年会費4400円/年がかかるのがちょっと・・・、コストコまで行けない・・・という方には通販がおススメです。

一度試すなら少量の日本製のボトルタイプ

ボトルタイプ(500g) 界面活性剤不使用なので、肌や環境に優しいです。アメリカ製のようなモコモコ泡はないので注意。 日本オリジナル版(中国生産)の500gなので、試してみたい方におススメ

肌・環境に優しいなら:日本製のバケツタイプ

バケツタイプ日本版(中国製)(1500g) 界面活性剤なしで肌環境に優しいです。モコモコ泡はないので注意。こちらの日本版は口に直接触れる食器など。アメリカ製は大容量でよく使うので、洗濯機やお風呂掃除。と使い分けています。

価格・コスパ重視なら:アメリカ製 (4.98kg)

アメリカ製(4.98kg)
  • 界面活性剤含む
  • モコモコ泡ありで、掃除した!という気分に
  • 大容量・一度買えばかなり長持ち、コスパが一番いい
  • 家中で使いたい人におススメ
モコモコ泡が発生するのはアメリカ製だけなので、ご注意ください。肌や環境に優しいのは界面活性剤不使用の日本オリジナル版です。どちらも試しましたが洗浄力に違いはそれほど感じませんでした。どちらもおススメです。

オキシクリーンを使った他のお掃除の一覧はこちら