【オキシクリーンでトイレ掃除】オキシ漬けのコツは?やり方や注意点を詳しくご紹介

オキシクリーンがあれば床や便座もお掃除できます。一度キレイにすれば、普段の掃除も楽になります。

  • 時間:20分
  • 頻度:月1
  • お湯:4L
  • オキシクリーン:120g
  • アメリカ製:スプーン1杯
  • 日本製:スプーン4杯
  • 道具:キッチンペーパー/ポリ袋/洗面器

オキシ漬けのやり方

  • 1
    洗面器にオキシクリーン・お湯を入れる

    オキシ液を作ります。洗面器に40度~60度のお湯、オキシクリーンを入れます。
  • 2
    よく混ぜ溶かす

    混ぜる棒などでよく混ぜ溶かします。手荒れの可能性があるので手袋をして混ぜる棒でよく混ぜ溶かします。ゴム手袋変わりにポリ袋を使えば、掃除した後は裏返してそのまま捨てられるのでラクです。
  • 3
    オキシ漬けする

    トイレの水をいったん流し、水の量を減らしてからオキシ液を便器内へ流します。このまま2~3時間放置して流せば、気になる汚れもキレイに。(注意)(コツ1
  • 4
    床の黒ずみを落とす

    先ほど作ったオキシ液をキッチンペーパーにつけ拭き、水拭きします。オキシ液が残っていると汚れの原因になるので、水拭きし拭き取ります。(コツ2
  • 5
    フタを外して掃除

    フタは実は簡単に外れます。フタを外して接続部分や細かい場所も綺麗にします。(外し方はそれぞれ異なるので取扱説明書を確認下さい)
  • 6
    接続部分はウタマロで

    接続部分はウタマロクリーナー(中性洗剤)をスプレーした綿棒などでこすり落とします。ウタマロなら、二度拭き不要なので簡単です。
  • 7
    パストリーゼもおすすめ

    ペーパーホルダーやタオルホルダーも掃除します。ペーパーにパストリーゼを吹きかけ拭けば、掃除+除菌・防カビ効果にもなりおススメです。
  • 8
    掃除道具もオキシ漬け

    掃除道具には菌が多くついているので一緒にオキシ漬けがおすすめ。ビニール袋を二重にして30分程オキシ漬け(お湯4L、オキシクリーン:アメリカ製スプーンライン1)します。終了後の水は、トイレに流しビニール袋は捨てます。(コツ3
  • 9
    水洗いして乾燥

    水洗いして天日干しでしっかり乾燥させ、仕上げにパストリーゼをスプレーし除菌・防カビするのがおススメです。(コツ4

※注意:手洗い器やタンクの掃除について

トイレの種類によっては、手洗い器やタンクにオキシクリーンや重曹等のアルカリ性洗剤や酸性洗剤を流すと、内部の樹脂部材や手洗器排水管を傷め、故障する可能性があります。手洗い器のお手入れの際は薄めた中性洗剤の使用が推奨されています。

また、タンクは自分で掃除してはいけない・そもそも掃除不要の場合もあるようです。詳しくはお手元の取扱い説明書を確認し注意して掃除下さい。

オキシ漬けのコツ

コツ1 頑固な汚れの場合

オキシ漬けしても取れない便器の汚れは、トイレットペーパーを2・3重にし便座に敷いて湿布し6時間置きます。(夜寝る前がおススメ)終わったら上からブラシなどで擦りそのまま流せばキレイに。

コツ2 床のクロスの拭き掃除

オキシクリーンの溶液が濃いと床のクロスが剥がれる可能性があるので、目立たない場所で試してからお使い下さい。

コツ3 オキシクリーンとお湯の量

便器の頑固な汚れの場合は、濃いめのオキシ液を使用していますが、それほど汚れがひどくない場合や、掃除道具のオキシ漬けの場合は、通常のオキシクリーンの濃さで良いと思います。

お湯4Lに対してオキシクリーンの量が30gの割合です。(アメリカ製スプーン:ライン1、日本版(中国製)スプーン:1杯)

コツ4 トイレブラシについて

トイレブラシは、流せるトイレブラシを使用しています。毎回のトイレ掃除では、替えのブラシの設置部分にビニール袋を取り付け、その上からブラシを取り付けるやり方もおススメです。
ブラシが濡れずに済むので汚れず、掃除が終わった後もビニール袋を捨てるだけです。

どこで売ってる?値段や通販

コストコが有名ですが、通販ではamazon・楽天等でも販売されています。

コストコでアメリカ製4.98kgを購入するのが一番安いですが、年会費4400円/年がかかるのと、コストコまで行けない方は通販もおススメです。

一度試すなら少量の日本製のボトルタイプ

ボトルタイプ(500g)
  • Amazon:約500円/100gあたり約100円+送料
界面活性剤不使用なので、肌や環境に優しいです。アメリカ製のようなモコモコ泡はないので注意。 日本オリジナル版(中国生産)の500gなので、試してみたい方におススメ

肌・環境に優しいなら:日本製のバケツタイプ

バケツタイプ日本版(中国製)(1500g)
  • 楽天:約1100円+送料/ 100gあたり約73円(送料別)
界面活性剤なしで肌環境に優しいです。モコモコ泡はないので注意。こちらの日本版は口に直接触れる食器など。アメリカ製は大容量でよく使うので、洗濯機やお風呂掃除。と使い分けています。

価格・コスパ重視なら:アメリカ製 (4.98kg)

アメリカ製(4.98kg)
  • Amazon:約2998円(送料込)/100gあたり約59円
  • 界面活性剤含む
  • モコモコ泡ありで、掃除した!という気分に
  • 一度買えばかなり長持ち
  • 家中で使いたい人におススメ
モコモコ泡が発生するのはアメリカ製だけなので、ご注意ください。肌や環境に優しいのは界面活性剤不使用の日本オリジナル版です。どちらも試しましたが洗浄力に違いはそれほど感じませんでした。どちらもおススメです。

オキシクリーンの使い方

①オキシクリーンとは?

②キッチン編

③お風呂編

④洗面所・洗濯機編

⑤部屋編

⑥トイレ編

⑦玄関・ベランダ編