二度拭き不要。ウタマロクリーナーで床・フローリングの簡単拭き掃除のやり方

ウタマロクリーナーは中性の洗剤です。普通の中性洗剤を使う場合、床を傷つけないために水で希薄する必要がありますが、ウタマロクリーナーはそのままスプレーして使えます。簡単なのに効果抜群。是非試して欲しいお掃除です。

  • 時間:30分
  • 頻度:週1
  • 道具:フロアワイパー/ 古布やペーパータオル/ウタマロクリーナー
※水拭き出来ない床(無垢の木など)には使用できません。

やり方

  • はじめにハタキなどでお部屋のホコリをはらいます。羊毛ダスターはおしゃれな上に、ホコリもしっかり吸着するのでおススメ
  • 床のホコリもフロアワイパーで乾拭きし、しっかりとります。(コツ1
  • フロアワイパーで1か所に集めて掃除機で吸い取れば、掃除機を動かしながらやるより効率的で簡単です。
  • フローリングの木目の間はフロアワイパーだけではとれないので、掃除機でしっかり吸い取る、もしくはお掃除シートで手拭きでしっかりとります。
  • 部屋の四隅や幅木も、フロアワイパーだけではホコリを残してしまうことも。シート交換時にキレイな部分を使い、先をとがらせ角を使うとホコリが取れやすいです。(コツ2
  • 食卓イスの裏は、すぐにホコリが溜まります。そのままにしておくとホコリが床に擦れて汚れの原因に。床掃除のタイミングで一緒に拭けば忘れないのでおススメです。
  • 水を固く絞ったキッチンペーパーで床を拭きます。洗えるキッチンペーパーなら、頑丈で何度も洗えて、汚れたらそのまま廃棄できるので、衛生的で簡単です。(注意
  • 週に1度は、手拭きで床を見ながら拭くと良いです。フロアワイパーだけでは見逃しがちな汚れを発見できます。(コツ3
  • 水拭きだけで取れない汚れは、汚れ部分にウタマロクリーナーをスプレーして渇いたもしくは水で濡らし固く絞ったキッチンペーパーで拭き取るとキレイに。(コツ4)(コツ5

注意

注意1 無垢の木は水拭き・洗剤は使用しない

フローリングの種類(無垢の木は不可)によっては水拭き・中性洗剤を使用不可の場合があります。お使いのフローリングの説明書等を読みお掃除ください。

注意2 水拭きしすぎない

フローリングは水気を嫌うため、濡れぞうきんを頻繁にかけるとひび割れや変色の原因にもなるのででご注意ください。日ごろは乾拭きにし、汚れたとき・週1程度に水拭き掃除するのがおススメです。

掃除のコツ

コツ1掃除機よりフロアワイパーがおススメ

掃除機はホコリを舞わせてしまうので、水拭きする前はフロアワイパーでホコリを集めるのがおススメです。

コツ2 空気が流れない場所にホコリが溜まる

ホコリは空気の流れが止まると下に落ち溜まります。とくに部屋の四隅はホコリが溜まりがちです。放置しておくと汚れに湿気が加わり、カビやウイルスや雑菌が繁殖する原因にもなるのでこまめに掃除しましょう。

コツ3 毎日少しずつ行う

手拭きで床拭きを1日で行うのは大変なので、毎日少しずつ行うのもおススメです。洗えるキッチンペーパーで食器を拭く→床拭きに代用→真っ黒になるまで拭いたら今日は終わり。のように「ついで掃除」にするとラクです。詳しくはコチラ

コツ4 ウタマロクリーナーの使い方

通常の中性洗剤を使って床掃除する場合、水で希薄する必要がありますが、ウタマロは原液のまま使用できます。(メールで問い合わせご回答いただきました)ウタマロは水で薄めると洗浄力が低下し汚れの落ちが悪くなるそうなので、薄めず原液でご使用ください。

コツ5 プッシュは弱めがおすすめ

ウタマロクリーナーは1プッシュでかなりの泡が出ます。床拭きの際は少量のウタマロで拭いてもキレイになるので、弱めにプッシュするのがおススメです。

今回使った掃除道具

商品名:ウタマロ クリーナー 400ml
これ1本で家中お掃除できるので、洗剤を持つ量が減りました。収納も広くなり、買い物する時間やコストも減ったので大助かりです。
商品名:洗って使える ペーパータオル 61カット 1ロール
洗って使えば1枚で4.5回使えるので経済的です。吸収力も良く何度洗ってもやぶれないのでお掃除にも最適です。

ウタマロクリーナーを使った他のお掃除方法はこちら