オキシクリーンパックのやり方は?お風呂の頑固な汚れ・カビ掃除

オキシクリーン1つあれば、お風呂掃除も簡単キレイ。頑固な汚れはオキシ漬けに加えて、キッチンペーパーを浸してオキシパックすればキレイに落ちます。

使用アイテム

  • オキシクリーン
  • ゴム手袋

オキシクリーンパックのやり方

  • 濃いめのオキシ液をつくります。40度~60度のお湯を洗面器の半分ぐらい、アメリカ版の付属スプーンのライン1(30g)のオキシクリーンを入れ、よく混ぜ溶かします。(コツ1)(コツ2
  • よく泡立てたオキシ液をスポンジにつけて、汚れ部分につけ伸ばしていきます。(コツ3
  • 頑固な汚れはオキシパックします。キッチンペーパーをオキシ液にしっかり浸します。
  • 頑固な汚れ部分に貼り付け、20分~1時間ほど置きます。(コツ4
  • 漬け置きが終わったら、スポンジやブラシで軽くこすります。
  • 水でキレイに洗い流せば、頑固な汚れやカビもとれ、タイルも真っ白・キレイに。

掃除のコツ

コツ1:ゴム手袋・混ぜる棒を使う

アメリカ版のオキシクリーンは界面活性剤が入っています。肌の弱い方はゴム手袋を使用ください。混ぜる時は棒などを使い、素手でかき混ぜないでください。

コツ2:濃いオキシ液をつくる・お湯で完全に溶かす・60度がおすすめ

少な目のお湯で濃いオキシ液を作ることがポイントです。お湯で完全に溶かすことで効果を発揮するのでよく溶かしてください。私のおススメの温度は60度で、泡立ちが一番良かったです。※かなり高温なのでご注意ください。

カビ取り掃除で使った掃除道具

商品名:オキシクリーン(アメリカ版)
モコモコさせたいならこちら。手荒れが気になる・モコモコなしでOKな方は、日本版もおススメです。放っておくだけでキレイになるので、リピート購入しています。

オキシクリーンを使った他のお掃除はこちら

お風呂の浴槽・洗面器のオキシ漬けのやり方
お風呂の残り湯にオキシクリーンを入れ、椅子等の小物も一緒に漬け置きすれば翌朝には綺麗に。月に一度、26日(フロの日)にやりたいお掃除です。
ゴシゴシ不要のお風呂の床のオキシ漬け
床・タイルの黒ずみやカビもオキシ漬けすればゴシゴシ不要でキレイに