洗いにくい洗濯ばさみやハンガーも、オキシクリーンのオキシ漬けで簡単お掃除

洗いにくい洗濯ばさみもオキシ漬けなら、放っておくだけでラクラクお掃除。洗濯ばさみが汚れていると洗濯物も汚れてしまいます。定期的にお掃除をして気持ちよくお洗濯を。

  • 時間:20分
  • 頻度:つど
  • 道具:オキシクリーン/ゴム手袋/歯ブラシ
  • お湯:約20L
  • 【オキシクリーンの量 : 約120g】
  • アメリカ製:スプーン1杯
  • 日本製:スプーン4杯
※漬け置き時間は含まれません。

やり方

  • 洗面台などに40度~60度のお湯、オキシクリーンを入れよく混ぜ溶かし、洗濯ばさみを入れます。1時間程漬け置きます。(コツ1)(コツ2)(コツ3
  • 大きくてオキシ漬け出来ない洗濯ばさみやハンガーは、浴槽に入れるか、ウタマロクリーナー(中性洗剤)で洗うのもおススメです。スプレーして30分程置き、ブラシでこすると汚れが落ちやすいです。(コツ4
  • オキシ漬けが終わったら水でキレイに流します。汚れている箇所は歯ブラシなどでこすると落ちやすいです。
  • 洗いにくい洗濯物ハンガーの接続部分もオキシ漬けで放っておくだけで、キレイに。
  • 頑固な汚れも完全には落ちませんでしたがだいぶキレイになりました。

掃除のコツ

コツ1:オキシクリーンとお湯の量

お湯4Lに対して、オキシクリーン約30g(アメリカ製スプーン:ライン1/日本版(中国製)スプーン:1杯)の計算です。写真の洗面台だと大体20Lの水量でした。ご自宅の洗面台の水量に合わせて調整下さい。大体で大丈夫かと思います。

コツ2:オキシクリーンをしっかり溶かす・ゴム手袋を使う

オキシクリーンはお湯でしっかり溶かすことで効果を発揮します。シャワーだけで溶けない場合は、混ぜる棒などを使いしっかり混ぜ溶かします。手荒れの可能性があるのでゴム手袋を使用下さい。

コツ3:60度がおススメ

おススメのお湯の温度は60度で、泡立ちが一番良かったです。※かなり高温なのでご注意ください。

コツ4:砂汚れなのでウタマロクリーナー(中性洗剤)でもキレイに

砂汚れなので、ウタマロクリーナー(中性洗剤)でもだいぶキレイになります。シャワーの水を勢いよく出して洗うと汚れが落ちやすいです。

今回使った掃除道具

商品名:オキシクリーン(アメリカ版)
モコモコさせたいならこちら。手荒れが気になる・モコモコなしでOKな方は、日本版もおススメです。放っておくだけでキレイになるので、リピート購入しています。
商品名:ウタマロ クリーナー 400ml
これ1本で家中お掃除できるので、洗剤を持つ量が減りました。収納も広くなり、買い物する時間やコストも減ったので大助かりです。

オキシクリーンを使った他のお掃除