漬け置きで簡単。キッチンのレンジフード・換気扇のお掃除のやり方

取り外しが億劫になる換気扇も、一度やってみると意外と簡単にお掃除できます。掃除の目安は月1程度で、油も緩く簡単に掃除できます。

  • 時間:30分
  • 頻度:月1
  • 道具:ゴム手袋/ウタマロクリーナー(中性洗剤)/歯ブラシ/キッチンペーパー/新聞紙(あるとよい)
※漬け置き時間は含まれません。
※今回ご紹介するのは富士工業のレンジフードです。換気扇の部品の詳しい取り外し方は、機種によって違うのでお持ちの説明書をお読みください。

やり方

  • はじめに換気扇の電源やコンセントを抜き、鋼板の切り口や角でけがをしないようにゴム手袋をはめます。換気扇を取り外す際に、油が落ちて汚れる場合があるので、コンロの上には新聞紙などを敷いておくと良いです。
  • カバーを外します。左右にあるストッパーを押し両手でゆっくり外します。
  • オイルパックを外します。油が溜まっている可能性があるので注意します。
  • ファンの外側にあるカバーのねじを緩めゆっくり取り外します。ファンを外す際には、ファンが回らないよう軽く手で押さえ、中のつまみを回して両手で外します。(コツ1
  • 取り外したファンやオイルパックは漬け置き洗いします。キッチンシンクに50度程のお湯を溜め、中性洗剤(ウタマロクリーナー)を溶かし30分~1時間ほど、汚れが緩むまで漬け置きします。(コツ2)(コツ3)(コツ4
  • 漬け置きが終わったら、羽に付いた汚れを歯ブラシなどでこすり落とします。羽の溝部分には汚れが溜まりやすいので、綿棒などで擦ると取れやすかったです。(コツ5
  • 取り外し出来ない本体や、漬け洗い出来ないカバーは、ウタマロクリーナーを含ませた古布で拭き、水拭きします。
  • 本体に付いた頑固な汚れは、キッチンペーパーに中性洗剤を含ませパックして15分程置き、終わったらそのままキッチンペーパーで拭きます。(コツ6
  • ファンの汚れはこんなにキレイになりました。
  • ファンやカバーはしっかり乾燥させてから、つけなおします。

掃除のコツ

コツ1:ファン中央部の大きなネジの回し方

ファンの真ん中にある大きなネジは、ファンが回転する方向と逆回りで外れます。外すときは、ファンを優しく抑えながらネジを回します。ファンを強く抑えると変形する可能性があるので優しく抑えます。

コツ2:ビニール袋、段ボールで漬け置くのもおススメ

段ボール箱にビニール袋を入れて、その中で漬け置きすると、少ない水量で漬け置き出来ます。

コツ3:お湯の温度は60度以上の熱湯にしない

樹脂部品が変形するおそれがあるので、60度以上の熱湯は使用しないでください。

コツ4:中性洗剤を使う

お手入れの際は、基本的に中性洗剤を使います。機種によってアルカリ性洗剤やオキシクリーン(酸素系漂白剤)を使うと塗装が剥がれる可能性があるので、説明書の注意書きをよくお読みください。

コツ5:汚れた水は取り換える

ファンをこすり始めると汚れが浮いてきます。汚れた水で洗い続けるとファンに再度汚れが付着してしまいます。水を取り替え、ウタマロクリーナーをスプレーしながら汚れを落とします。

コツ6:電子部品には水・洗剤をつけないように

本体を拭き掃除するときには、電気部品(モータ・スイッチ等)には、水・洗剤等の液体につけたりかけたりしないようご注意下さい。ショート・感電のおそれがあります。

今回使った掃除道具

商品名:ウタマロ クリーナー 400ml
これ1本で家中お掃除できるので、洗剤を持つ量が減りました。収納も広くなり、買い物する時間やコストも減ったので大助かりです。

ウタマロクリーナーを使った他のお掃除方法はこちら