カーペットのお掃除でハウスダストやダニ退治。重曹で簡単お手入れ

カーペットはホコリや食べかすが溜まりやすいです。毎日そうじは掃除機がけ。月に一度はていねいお掃除をしてダニ退治を。

  • 時間:30分
  • 頻度:月1
  • 道具:掃除機/重曹/ゴム手袋

やり方

  • 基本は毎日の掃除機で掃除します。コツは毛並みを起こすようにゆっくり動かすことです。(コツ1
  • 次に方向を変えて掃除機をかけます。90度の方向に、縦と横を入れ替えて掃除することで、ゴミやほこりが浮き上がりやすくなります。
  • 月に一度は丁寧お掃除を。重曹をふりかけ2~3時間程おき、①②のやりかたで掃除機をかけます。(コツ2
  • 重曹は、ふりかけたら手で全体になじませます。このとき、なじませるついでにカーペットの毛並みを逆立てるようにするとよいです。(コツ3

掃除のコツ

コツ1 カーペットの毛並みを起こす

掃除機をゆっくり動かすことで、カーペットの毛並みをたてて、ホコリやゴミを浮き上がらせます。掃除機は特に引くときに吸引力が強くなるので、一方向に向かってゆっくり引きながら掃除機をかけます。あまり力をかけずにゆっくりかけることがコツです。

コツ2 重曹は天然素材には使用不可なので注意

ウールや麻などの天然素材のカーペットには重曹は使えないのでご注意ください。

コツ3 ゴム手袋でほこりや髪の毛をとる

掃除機だけではなかなか取れない髪の毛やほこりは、ゴム手袋をはめてなでると汚れを簡単にキャッチしてくれます。(写真はビニール手袋ですがゴム手袋のほうがおススメです)

今回使った掃除道具

商品名:パックス重曹F(食用グレード)2kg
食品にも使えるので安心です。消臭効果もあるので、お掃除以外でも活用しています。

重曹を使った他のお掃除はこちら

重曹で鍋のコゲ落とし
重曹をかけて沸騰させれば、頑固なコゲもゴシゴシせずにするんとキレイに。

月に1度の炊飯器のお手入れ
炊飯器の臭いとりにも重曹が使えます。月1にお手入れすると良いです。