冷蔵庫のお掃除・消臭・カビ取りはアルコールスプレーや酸素系漂白剤で

冷蔵庫の表面についた汚れはほこりだけでなく、料理中の油汚れも混じったベタついた汚れです。固まる前に小まめなお掃除を。仕上げにアルコールをスプレーすればカビ予防にもなります。

使用アイテム

  • パストリーゼ
  • オキシクリーン
  • ウタマロクリーナー
  • 洗えるペーパータオル
  • 重曹(消臭用)

やり方

  • 電源を切り、食品を全てだし、棚板を外します。棚板はウタマロクリーナー(中性洗剤)でキレイに洗います。(コツ1
  • シンクに60度のお湯・オキシクリーン1杯を入れ、棚板を30分ほどオキシ漬けしても簡単にキレイに。オキシクリーンを使う際はゴム手袋をご使用ください。詳しいやり方はこちら
  • 棚板を漬け置きしている間に冷蔵庫の内側の掃除をします。パストリーゼをしっかり湿らせたペーパータオルで拭けば大体の汚れはキレイになります。
  • 頑固なこびりつきはウタマロクリーナーを吹きかけ、5分ほど置き汚れを緩ませて拭けば簡単にキレイに。
  • 外側の掃除をします。パストリーゼをスプレーしてペーパータオルや雑巾で拭きます。外側は油汚れが付着しているので意外と汚れています。
  • 扉のパッキンの汚れも忘れず念入りに。細かい汚れは歯ブラシや綿棒にパストリーゼをスプレーしてとるとキレイになります。食べカスやホコリで綿棒が真っ黒になるほど汚れています。 (コツ2
  • 冷蔵庫の上は油とホコリが混じった汚れです。ウタマロクリーナー(中性洗剤)で拭き上げれば二度拭き不要で簡単です。頑固な汚れはメラミンスポンジで擦るとキレイになります。
  • 仕上げにほこりが溜まらないよう、上部にサランラップを引けば、ほこりも溜まらずお手入れが楽になります。次のお手入れの際にサランラップを交換すると良いです。(コツ2
  • オキシ漬けしていた棚板は水でキレイに洗い乾拭きし、仕上げにパストリーゼで除菌・防カビをします。においが気になる場合は瓶に重曹を入れ、ガーゼでフタをし、庫内の下の段に置けば消臭効果が増します。(コツ3)(コツ4

掃除のコツ

コツ1 月に1度は食品を整理しカビ・汚れ防止

冷蔵庫の中に食品が多いと、汚れやカビの原因にもなります。賞味期限切れのモノがないか月に1度は点検・整理すれば、電気代の節約にもなります。

コツ2 外側の汚れは油とほこり

冷蔵庫の表面についた汚れはほこりと油汚れが混ったモノです。放っておくと頑固な汚れになり掃除が難しくなります。予防掃除としてサランラップや新聞紙などを敷いておけば掃除もラクに。

コツ3 パストリーゼでスプレーするだけ

パストリーゼは揮発性が強いので、スプレーするだけで拭き上げは不要です。食品にもスプレーできるのでできるので冷蔵庫内に使用しても安心です。仕上げに吹きかけて除菌・防カビするとよいです。

コツ4 重曹で臭い取り

消臭効果のある重曹を瓶に入れガーゼなどでふたをして通気性良くしておけば、冷蔵庫の消臭効果にもなります。置き場所はいちばん下の段に。冷蔵庫の冷気は上から下に降りてくるので、下に置いた重曹に匂いを運んでくれます。交換は月1そうじのタイミングで行い、使った重曹はそのままお掃除に使えます。重曹のお掃除はこちら

こちらのキッチン掃除もおススメ

ウタマロで簡単レンジフード掃除
二度拭き不要のウタマロなので、丸洗いできない壁やレンジフードも簡単キレイ

モコモコ泡でシンクのオキシ漬け
オキシクリーンで漬け置きすれば、放っておくだけでピカピカに

今回使った掃除道具

商品名:ウタマロ クリーナー 400ml
これ1本で家中お掃除できるので、洗剤を持つ量が減りました。収納も広くなり、買い物する時間やコストも減ったので大助かりです。
商品名:ドーバー パストリーゼ77 500ml
まな板や食品にもかけられるので安心です。割安の大き目サイズ(5L)を購入し、ボトルに詰め替えての使用もおススメです。
商品名:洗って使える ペーパータオル 61カット 1ロール
洗って使えば1枚で4.5回使えるので経済的です。吸収力も良く何度洗ってもやぶれないのでお掃除にも最適です。
商品名:パックス重曹F(食用グレード)2kg
食品にも使えるので安心です。消臭効果もあるので、お掃除以外でも活用しています。
商品名:オキシクリーン(アメリカ版)
モコモコさせたいならこちら。手荒れが気になる・モコモコなしでOKな方は、日本版もおススメです。放っておくだけでキレイになるので、リピート購入しています。